some clips by mootoh.
Install Theme

昔々、同級の好きな女子に電話。
今日こそはデートに誘うー!とか意気込んで頭の中でシミュレーションする
まずは彼氏がいるかどうかを(いないはずだが)一応確かめないといかん
「彼氏いるの?」とか
「付き合ってる奴いる?」とか
「好きな奴いるの?」とか
どんな風に言えばいいのか結局事前には決められず頭の中ぐるぐる
ドキドキして呼び出し音を聞いてたらなんと親父さんが出た。
俺はあなたがいないタイミングを狙ったつもりだったのですが!何で出るんだよと
いっぺんに緊張して小パニックです
「ぼ、僕は○○という者でしてええ、あの、あの」
「娘さんいますか」って言おうとしたのに
 
「彼氏いますか!」
って言っちゃったさ!しかもこういうのって、言った瞬間は自分でも気付いてない。
 
親父さんもびっくりしたのか「い、いませんけど!」って何だそれ。
 
ようやく言い間違いに気付いて鳥肌ぼーん、「すすすみません!」とだけ言って
あわててガチャ切りしちゃったよ、しっかり名乗ったあとだってのに
ああああ、明日学校で娘ちゃんと顔合わせるのこわい
と思って避けてたのに下校時の肛門で出くわしたつーの
俺見てニヤニヤ笑ってたつーの
「お父さんは彼氏いないよ、一応奥さんいるからねえ!ぶはっは!」
思った通り!というか思った以上に面白おかしく伝わってやがるらしい!もうやだあああ
「し死し知らんけど!何の話!」と言い張ってみた。
そしたら娘ちゃんは、いちいちひと通り説明したあとで、
「ふうぅん、じゃあ俺くんと違う人からだったのかなあ」
違う人じゃないよ、俺だよ俺!珍しい苗字だから俺しかいないよ分かってるくせに。
言いたいような言えないような、恥ずかしさもどかしさ。

「今日もまたかかって来ないかなあ。今度は私が出たいなあ。5時頃だったらいいなあ」

何か1人でぶつぶつ言ってますけど。
何言ってんだこいつ。

何が言いたかったのかを愚鈍な俺が気付いたのは夜8時頃だった!
あわてて電話したらまた親父さんが出た…。もうやめて…

親父さん「ああ、君か。ぷぷぷ!」もうやめて…
親父さん「おーい娘、彼氏から電話」

手で受話器押さえるくらいしてよ…って彼氏って言ったよ今!

受話器の向こうで「もう、父ちゃん!もう!もう…!」とか聞こえたあと、「はい、もしもし」
「家では『父ちゃん』なの?」って聞いたら受話器越しに殴られた。
 
彼氏いるかどうか聞いたら、今出来たって言われた。

(Source: ForGIFs.com, via 4gifs)

Revision 22988 - (view) (download) (annotate) - [select for diffs]
Modified Sat Feb 22 14:13:04 1997 UTC (17 years, 5 months ago) by peter
File length: 13877 byte(s)
Diff to previous 21673
Revert $FreeBSD$ to $Id$


Revision 21673 - (view) (download) (annotate) - [select for diffs]
Modified Tue Jan 14 07:20:47 1997 UTC (17 years, 6 months ago) by jkh
File length: 13882 byte(s)
Diff to previous 20417
Make the long-awaited change from $Id$ to $FreeBSD$

47 :本当にあった怖い名無し:2012/09/07(金) 19:05:12.63 ID:wPhOsr5z0
子がイジメにあった。
それも私立小で。
担任に直訴したが「証拠はない」で、相手(加害者)の嘘を鵜呑み、一切指導も無し。
あまりの事態に子にレコーダーを持たせ、私は学校の近所に車を駐めイジメの様子を撮影。
「死ね」「クズ!」と大声で罵倒される我が子を撮影しながら、涙が止まらなかった。
そして車から降りてビデオを回しながら彼らのそばに行くと
「ゲゲッ!モンスターペアレンツだ!」
と彼らは逃げた。
翌日、仕事を半休した夫と「証拠」を持って校長に会いに行った。
イジメの様子を見た校長は

「コレはイジメとは言えません。イジメとは、病院に行くような大怪我をさせられたとか
 金銭を何万も脅し取られたとか、そういうことをイジメと言うんです。
 罵倒とか、ノートや教科書に落書きとか破くとか、大怪我しない程度の暴力なんて
 ただの子どもらしい悪ふざけですよ。
 それに、もうじき中学受験の試験日です。
 こんな大事な時期に、●●君達(イジメ加害者)を叱りつけて
 刺激するなんて、可哀相な真似は出来ません。」


48 :本当にあった怖い名無し:2012/09/07(金) 19:05:43.84 ID:wPhOsr5z0
もちろんこの校長との会話も録音済み。

「わかりました。それでは今の貴方の発言、録音録画したこのファイルをネットに流します。
 彼ら(加害者)の受験する学校もわかっています。
 これからその学校の関係者とアポイントをとって、この証拠を渡すつもりです。」

と夫と席を立った。

「少年法が・・・!あsdfghjkl;:!」

と校長が顔面蒼白になり、私達を止めたが私達は校長室を出た。

その日の放課後、いつものように子を囲んだ加害者達に
「逃げても無駄よ、アンタ達の受験する中学に証拠全部送りつけたからね。
 試験の結果はもう出ちゃったようよ。
 どの私学もいじめっ子はいらないってさ。」
とハッタリをかました。


49 :本当にあった怖い名無し:2012/09/07(金) 19:06:18.17 ID:wPhOsr5z0
ちなみにこの私立小は、中学受験を全員がする私立小。
受験に失敗したら、公立に行くしかない。
そして有名私学の合格実績で、翌年の受験希望者の人数が決まる。

彼らの両親の元にも、証拠の入ったDVDとCDを送りつけた。
焦って我が家に電話をかけてきた首謀者の母には
「2月1日、せいぜい頑張ってね。もう無駄だろうけど」
とハッタリをかました。
コレが、1月31日。
イジメグループは誰一人、私立中に合格出来なかった。
諦めて受験を放棄した親子も何組かいた。

校長は、大量の不合格者を出した責任を取って退任。
その後、受験希望者はガクンと減り現在は定員割れの模様。
あれから数年、
彼らは公立に行くも、私立小から来たと言うことで酷い扱いをされたらしい。
誰一人高校生になれていないと、昨日ママ友から聞いた。
ざまぁみろ!と一人ビールで祝杯。

一本のろうそくから何千本ものろうそくに火をつけることができる。
かといって、それで最初のろうそくの寿命が短くなることはない。
幸福は、分かちあうことで決して減らない


仏陀

お金が貯まらない人は、「欲しいもの(WANT)」にお金を使う。お金が貯まる人は、「必要なもの(NEED)」にお金を使う。お金が増える人は、「変化を起こすもの(CHANGE)」にお金を使う。
「ぼくもいい歳してますから」みたいなことを話すと、けっこうな高確率で、その場にいる年上女性がすかさず「そんなこと言ったら私はどうなるのよ〜笑」って言ってくるけど、お前のことなんか知るかよ
「警察官から『弁護士さん呼べるけど、1回しか来ないし、2回目からはお金がかかるよ。四、五十万するけど、どうする?』と言われて……。金銭的に余裕がないので、諦めたんです」  携帯電話も押収されて誰とも連絡が取れない状態で、落ち込んでいたろくでなし子さんは、移送された湾岸警察署で同室となった女性に相談した。そこで「弁護士をつければ携帯は取り戻せるかもしれない」とアドバイスを受けたという。 「どうしても外と連絡を取りたかった私は、看守に『とにかく弁護士さんを呼んでください』とお願いしました。それでも、『呼んでも来ないかもしれない』などと言われました。何回もお願いして来てくれたのが、その日の当番弁護士だった須見健矢弁護士です」  須見弁護士と接見して初めて、科捜研がわいせつかどうか判断できるわけがないことや、当番弁護士は日弁連の「刑事被疑者弁護援助」を利用すれば弁護士費用がかからないこと、当番弁護士が呼ばれて来ないことはあり得ないということなどがわかった。